home > あすかアニマルヘルスとは > ウェビナー

 

謹啓 初夏の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さてこの度、第2回プリッドデルタウェビナーを開催いたします。
今回は、講師として山本動物ETクリニック院長の山本広憲先生をお招きし、牛臨床繁殖におけるホルモン製剤の利用に関する知見について、ご視聴いただけます。獣医師や生産者の方々をはじめ、養牛に関わる全ての方にご参加いただけます。
ご多忙とは存じますが万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますようご案内いたします。
お手数ではございますが、下記の「事前登録について」及び「事前登録の手引き」 をご参照の上、
お申込み下さいますようお願いします。また、ディスカッションにもご参加いただければ幸いです。 謹白

【 講演 】


『全集中ETの呼吸!?
~ETにおけるプリッドデルタの利用~』  

  

山本動物ETクリニック
院長 山本 広憲 先生   

【 出演者 】

講師
山本動物ETクリニック 院長 山本 広憲 先生
オーガナイザー
あすかアニマルヘルス株式会社 関 誠(獣医師・獣医学博士)

山本 広憲(Hironori Yamamoto)先生ご略歴

1979‐1985年 日本大学農獣医学部獣医学科卒業 同大学院獣医学研究科博士前期課程修了 獣医師免許取得。
1985‐2005年 愛知県畜産総合センター、家畜保健衛生所等に勤務。
当初は小型ピロプラズマ病に関する研究で高評価を得つつ、次第に繁殖ET分野で台頭。
1992年 アメリカ EmTran社でET研修を受講し、OPU技術を修得。
1996年 OPU由来の黒毛和種およびホルスタイン種産子をそろって誕生させ、国内初の快挙として報道された。
在職中、業績発表会や学会等で計39題発表。
2005年以降 現職
ご尊父の病院(山本動物診療所)に移って後継者となり、活動範囲も拡げる。(一社)家畜改良事業団等と連携し、OPUやIVF-ETに尽力。
臨床の傍ら、学会や技術普及活動にも精力的に取り組む。
2008年 日本ET実務者ネットワークを松崎重範先生(とかち繁殖技術研究所)らと創設し、現在は事務局長。
2013年 東日本ET研究会 杉江賞受賞。
2014年 病院新築時に「山本動物ETクリニック」と屋号改称。
2020年度実績 採卵170頭、OPU30頭、移植900頭
開業以来の講演 発表および執筆:57題
現在、ET技術のさらなる普及と技術者養成に力を注ぐ。61歳。

● お知らせ
 ご要望多数につき見逃し配信決定!
 配信期間:7月30日(金)~ 8月22日(日)

 ※見逃し配信については、下記ご対応ができませんので予めご了承ください。
  講演資料の提供 / ウェビナーでのQ&A集の提供 / 質問及び回答 

PAGE TOP